top of page

IFRSに基づく監査

IFRSとは国際税務報告基準の略称です。

EU域内で連結財務諸表におけるIFRSの適用をうけて、日本においても採用する企業が増えています。上場している会社でIFRS適用済(適用決定会社数を含む)の会社は、2021年1月現在で227社あります。

IFRSの監査については大手監査法人での対応が多くを占めていますが、近年ではIFRSの理解も進み準大手、中小監査法人でも対応が進んでいます。

当監査法人でもIFRS導入企業に対する会計監査を行っており、日本法人(海外親会社)の会計監査等についてもIFRS等に基づき作成された財務諸表に対して監査等のサービスを提供しています。また、当監査法人はIFRS導入を目指す企業に対し、アドバイザリー業務の一環として、IFRS導入支援の経験を有しています。

IFRSを適用している会社の監査等経験、国際経験豊かなスタッフの所属など、一定の知見に基づき、適切なサービスを提供してまいります。


最新記事

すべて表示

AUP及びその他アシュアランスサービス

合意された手続業務(Agreed-upon-procedure、以下、AUP)とは、クライアントの要求する事項に対して手続きを実施し、当該実施結果を報告する業務です(日本公認会計士協会監査・保証実務委員会 実務指針第 92 号)。会計監査では、財務諸表の適正性に対する意見を表明するのに対し、AUPは合意された手続きとその結果のみを報告するという特徴を有しており、下記のケースで利用されることが多くご

内部監査・内部統制整備等サポート

内部統制システムの機能・実効性を検証する内部監査のサポートや、内部監査機能の整備・高度化に対するアドバイスを行います。当グループは会計監査及び各種アドバイザリーサービスや不正調査等の経験を有しており、内部監査のサポートを行います。 近年の不正事例等を踏まえ、内部監査及び内部統制の強化の必要性があるものの、下記の課題を有する企業が多くございます。 ・内部監査についてあまりコストをかけたくない ・内部

Comments


bottom of page