top of page

監査人交代の手続き

監査報酬の突然の値上げ、監査法人とのなれ合い・癒着の懸念等の理由から、監査法人を変更する上場企業が増加傾向にあります。監査報酬は「監査時間×単価」で決定されているのが一般的であり、適正な監査を行うためには一定の時間・報酬が必要であるものの、クライアント様から、「何故このような監査時間がかかるか」、「この報酬は適正なのか」とご質問を頂戴することが多くございます。

当監査法人では、予備調査及び受嘱審査を元にチーム編成を行い、適切な監査報酬を算出のうえ、ご説明させて頂きます。また、当監査法人では社内の様々な分野のエキスパートが、部門職位の壁なく専門的知見を出し合う環境を構築しており、クライアント様に合わせたチーム編成を行うことにより、高品質な監査の提供が可能です。

クライアント様におかれましては、監査法人の変更はハードルの高い決定であり、手間のかかる作業であるかと存じます。当法人ではスムーズな移行が可能となるよう、クライアント様の実情に合った効率の良い監査環境を提供いたします。


最新記事

すべて表示

AUP及びその他アシュアランスサービス

合意された手続業務(Agreed-upon-procedure、以下、AUP)とは、クライアントの要求する事項に対して手続きを実施し、当該実施結果を報告する業務です(日本公認会計士協会監査・保証実務委員会 実務指針第 92 号)。会計監査では、財務諸表の適正性に対する意見を表明するのに対し、AUPは合意された手続きとその結果のみを報告するという特徴を有しており、下記のケースで利用されることが多くご

内部監査・内部統制整備等サポート

内部統制システムの機能・実効性を検証する内部監査のサポートや、内部監査機能の整備・高度化に対するアドバイスを行います。当グループは会計監査及び各種アドバイザリーサービスや不正調査等の経験を有しており、内部監査のサポートを行います。 近年の不正事例等を踏まえ、内部監査及び内部統制の強化の必要性があるものの、下記の課題を有する企業が多くございます。 ・内部監査についてあまりコストをかけたくない ・内部

Comments


bottom of page